記事一覧

ドロップシッピングPPC広告展開のポイント

ドロップシッピングPPC広告展開のポイント
Yahooリスティングを使ってみよう

,
スポンサーリンク

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私は初心者の方のために、このブログで「ドロップシッピングの始め方」を解説しています。

前回は

◎ドロップシッピングで稼ぐための4つのポイントから、

その2 
もしもドロップシッピング店舗構成のポイントを書かせていただきました。


今回も私の本「ドロップシッピングの達人養成講座」からの引用で、

その3 
もしもドロップシッピングPPC広告展開のポイントについてお話します。


●ドロップシッピング広告展開のポイント

ドロップシッピングで現在よく使われている広告手段は、以下のようになります。

[キーワード検索連動型広告]
PPC広告(Pay Par Click)、またP4P広告(Pay For Performance)ともよばれます。

Yahooプロモーション、アドワーズ(AdWords)を代表とする、クリック課金型の広告

YahooプロモーションではYAHOO!JAPANをはじめ、exciteやmixiなど多数の提携検索サイトに掲載されます。

アドワーズ(AdWords)はGoogle、BIGLOBEや、@niftyなどの提携検索サイトに掲載されます。

日本でのPC検索用には、まだYahooプロモーション、スポンサードサーチ、の使用が多いようです。

両方ともクリック課金で、閲覧者が広告文をクリックしたら料金が発生します。

希望のキーワードの検索結果ページに、入札で広告文の掲載順位を決めます。

当然上位は1クリックの単価が高く、キーワードによってもそれぞれ変わってきます。

また、サイトと広告文、タイトル、キーワードなどのマッチ度が高く、コンテンツが充実しているほど評価が高くなり、その結果安いクリック単価入札でも上位表示が可能です。
扱いはやや難しいですが、うまく使えば集客に大変役に立つ即効性のある人気の広告手段です。


なぜ、有料でもドロップシッピングでキーワード検索連動型広告を使う人が多いか。

サイトは作りたてのホヤホヤでは、なかなか検索エンジンに認識してもらえず、掲載順位が上がるのは難しいので、SEO対策をするわけですが、それとて、すぐ上位に掲載は難しいです。

この待っている期間、キーワード検索連動型広告で、有料でも上位に掲載され、認知度を上げ、顧客をつかむために多くのドロップシッピングで使用している広告です。

ちなみにクリックされなければ、料金は発生しません

さてここで、どっち使うの?YahooプロモーションとGoogleアドワーズ

ドロップシッピングでは、Yahooリプロモーションだけに広告を出しましょう。買い物はYahoo検索から、という方多いです。

アドワーズではドロップシッピングは掲載不可になってきました。
Googleは魅力的なクーポンなどを送付してくれますが、その割に審査を落としたりしますので注意しましょう。

ドロップシッピングでは、SEO対策が軌道に載るまでの間、広告で「キーワード」というものの扱いを訓練をしましょう。

広告費がかかるのを極端に嫌がる人が居ますが、SEOで上位掲載を冷静に待てる人以外は、ためしに広告でも1個売る体験を早くしたほうが精神衛生上いいでしょう。

ドロップシッピングをしだして半年たっても、売れないのはかなりつらく、結局「こんなものは、や~めた」という方が少なからず居ます。

最終的には、SEO対策で報酬を得ていただくのが目標ですが、初めは赤字にならないように気をつけつつ、広告を出してみましょう。

キーワードの扱いにも慣れるし、訪問者の足取りがよくわかって、以降のドロップシッピング運営に役立ちます。

=========================================================

【ドロップシッピングのYahooプロモーション出稿ポイント】

○キーワードは商品名、または小ジャンル名。

○基本はどのキーワードでも1位表示を狙う(例外有り)

1位表示する金額が高すぎるキーワードは、下位(7位や8位)に落とすのではなく、一時停止してみる。
順位を下げていいのは、自分が上位の広告者のサイトより優れている時!

○広告文タイトルと説明文には、それぞれ商品名(キーワード)を必ず入れる。

○広告を実際にYahooで確認する。

○クリックされても売れない場合は、【必ず理由がある】ので検証する。
非常に期待できそうな優秀な注目キーワード(クリック数が多くクリック率が高いキーワードなど)を見つけ出したとします。

しかし、クリックはされるが、売れない・・・!

こういう場合、次のようなマイナスの要素が考えられます。

商品価格が周囲のライバル店より高い

キーワードがカテゴリ名なのに、商品が少ない。(キーワードが自転車なのに1台しか掲載していないページ)

キーワードがビッグであり、上位表示している (サイクルツイスタースリムの広告のキーワードがダイエット・自転車・サイクル・やせるなど)

ドロップシッピング商品の購入に結びつくキーワードではない (ダイエット方法・楽天スイーツ・など)

他の競合サイトより見劣りする

広告は出しっぱなしではいけません

大事に扱い、いつも見ていてくださいね。(☆゚∀゚)



スポンサーリンク
関連記事

スポンサーリンク


プロフィール

JUN

Author:JUN
ドロップシッピングで在宅副業! ワイドスクランブル出演『ドロップシッピングの達人養成講座』著者のJUNです。
初心者様に知っていただきたいドロップシッピングという副業をやさしく解説します

ドロップシッピングには!

売れる広告はYahooプロモーション!


独自ドメインならムームードメイン


もしもドロップシッピング


もしもアフィリエイト


通信教育もしもドロップシッピング


通信教育もしもアフィリエイト

書籍

ドロップシッピングの達人養成講座
上田淳子(翔泳社)

第2回もしもDS選手権優勝
このページのトップへ