記事一覧

魅力あるドロップシッピングShop作り その2

魅力あるドロップシッピングShop作り その2


スポンサーリンク

今日は、魅力あるドロップシッピングShop作り その2
のお話をします。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

皆さま こんにちは!(・∀・)つ

もしもドロップシッピング もしも大学公認講師 
JUNゼミナールの上田淳子です。

前回は初心者様向け、魅力あるドロップシッピングShop作りのお話を書かせていただきました。

今回も私の本「ドロップシッピングの達人養成講座」から引用します。


◎魅力あるドロップシッピングShop作りその2

○キャッチコピーの力

お客様の心をとらえる言葉や、商品や情報の特徴を端的に表す言葉がキャッチコピーです。
キャッチコピーとは、新聞で言えば見出しの部分です。
難しければ、別にかっこいいことを書かなくてもいいのです。

商品解説をいきなり長文で書いてあっても、訪問者は全員しっかり読んでくれるとは限らないです。

ドロップシッピングの場合は、あくまでもネットショップなので、お客様が必要な情報を知ることができれば充分です。

ただ、SEO対策をしなければいけないので、ドロップシッピングショップ内には、コンテンツはある程度記載しないといけません。
細かい字をびっしり書いても、多くの訪問者は全文章読みません。

なので、それらを集約した一目でわかるキャッチコピーが必要になります。

キャッチコピーはページ内に1つではなく、複数あってかまいません。
ドロップシッピングの商品には、洒落てひねったものでなくてもいいですので、買う側にアピールするキャッチコピーを作りましょう。

キャッチコピーの力は

・注目させる
 目を引くコピー(昨日のテレビ番組で放送の○○販売中!など)

・興味を抱いてもらう
 今までにない商品であることを表すコピー(ただ座るだけのヒップエクササイズ!など)

・買ったらどのようなメリットがあるか考えてもらう
 過去の自分とは違うことを想像させるコピー(明日から人前でも堂々と素足になれます!など)

・買わないと損であると考えてもらう
 損失の可能性を表すコピー(今なら限定200個にミニボトルのプレゼント付き!など)

・すぐに買いたい気持ちになってもらう
 期間限定を表すコピー(○日○時まで2割引!など)

・迷っている人の気持ちの後押しをする
 ワンプッシュの一言で「買おうか!」と思ってもらう(在庫わずかとなりました)

上記のような条件が書けるドロップシッピング商品なら、ぜひ書いてください。

ドロップシッピングにおいて、キャッチコピーの最たる言葉は? 送料無料

○店長の姿を見せよう

副業でドロップシッピングをされている方は、本名を出しにくいことがあるかもしれませんが、サイト管理者の情報は、簡単でもいいですから載せたほうがいいです。

販売者情報として、ドロップシッピングサービスプロバイダの「特定商取引法に関する表記」が記載されているのですが、サイト訪問者は「どんな人が店長なんだろう」という気持ちは必ずあると思います。

たとえハンドルネームとメールアドレスだけでも、何もないよりずっとましです。

本当は写真を出して、コメントを載せたいところです。
ドロップシッピングのアクセス解析を見ていると、運営者情報のページにも多くのアクセスがあります。

お客様は、非の打ちどころのないデザインより、安心感を求めています。
もし、競合サイトとどちらの店で買うか考えた場合、商品や値段、雰囲気が同様なら、店長の姿が見えるほうで購入するでしょう。

問い合わせなども、おそらくドロップシッピングプロバイダーのほうに行きますが、自分宛てにメールがきても、自分で処理できることならば、ドロップシッピングプロバイダーのインフォメーションに問い合わせ、その回答を伝えるくらいの手間を惜しんではいけません。

複雑な事例なら、そのままプロバイダーにお任せすればいいですが、きちんと取次ぎましょう。
ドロップシッピングサービスプロバイダだけに頼らず、店長としての自覚を持って販売していただきたいです。

・親しみのある写真やイラストを載せる
 おしゃれをしなくていいから、店長らしい笑顔、服装で。どうしてもいやなら似顔絵でも。
・名前を記載する
 ハンドルネームでもいいが、できれば姓と名がいい
・メールアドレスを記載する
 普段常時使うアドレスではなく、店舗専用のアドレスにしたほうがいいです


○ほんの少しでも警戒心を抱かせないドロップシッピングのショップ

大層な言い方ですが、魅力的あるドロップシッピングShopには欠かせない要素です。

言いかえれば安心感を抱くサイトということですが、別に一生懸命に「うちは安心ですよ!」と書かなくても、怪しくないサイトすなわち警戒心を抱かせないサイトを目指しましょう。

ネットでの買い物はずいぶん普及してきましたが、慣れていない方はやはりまだ警戒心があります。
「本当に商品が送られてくるのだろうか」「この店に住所やTELを知られても大丈夫だろうか」
などと心配して、結局は有名な企業のお店で買ったりします。

せっかく努力してドロップシッピングのSEOを尽くしても、これでは損ですね。
では、訪問者はどんなサイトに警戒心をいだくのでしょう。

・・店名が無い
商品名を店名の代わりにするのは、SEO対策でよくすることですが、それとは別にやはり屋号は必要でしょう。

・・運営者情報が、わかりにくい
特定商法の関する表記やサイト管理者情報が、大変わかりにくい場所にリンクがあるなどは、いかにも身を隠している感じがしてしまいます。サイドかヘッダー近くに記載しましょう。

・・だらだら長いページ
これはこれで見る側の心理をついているのかもしれませんが、情報商材の作り方でだらだらとコンテンツを繰り返し記載しているサイトは、ネットショッピングの初心者から見れば違和感を感じます。


ドロップシッピングでは、ショップできすぎくんで、マニュアル通りショップを作ったそのままでは、他の人との集団から抜け出せません。
さあ、皆さんのショップはいかがでしょうか。


次回は「データ分析」をお送りします。

正しい分析⇒検討⇒実施⇒計測の繰り返しが、shopの成長のカギ!


スポンサーリンク
関連記事

スポンサーリンク


プロフィール

JUN

Author:JUN
ドロップシッピングで在宅副業! ワイドスクランブル出演『ドロップシッピングの達人養成講座』著者のJUNです。
初心者様に知っていただきたいドロップシッピングという副業をやさしく解説します

ドロップシッピングには!

売れる広告はYahooプロモーション!


独自ドメインならムームードメイン


もしもドロップシッピング


もしもアフィリエイト


通信教育もしもドロップシッピング


通信教育もしもアフィリエイト

書籍

ドロップシッピングの達人養成講座
上田淳子(翔泳社)

第2回もしもDS選手権優勝
このページのトップへ